LIFE IS A PLAY~人生は劇である 
2年間、青年海外協力隊としてアフリカのボツワナ共和国に、エイズ対策員として赴任します。 たかが、新卒されど新卒。今、出来ることに奮闘してみるっ!その様子。。。
プロフィール

bergandy0104

Author:bergandy0104
大学を卒業後、青年海外協力隊平成22年度2次隊エイズ対策員として、アフリカのボツワナ共和国に派遣されました。

ボツワナは、カラハリ砂漠地帯に位置してます。夏は暑く冬は寒いけど、治安も人柄も良くいいとこです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.01.17_19:10
Mon,17/Jan/2011
今日久しぶりにブログをネット上で書いた。新年の挨拶に始まり、最近思っていること、今年の目標サファリの時の写真など久しぶりに盛りだくさんで書いた。

そして、間違ってページ更新ボタン押した。全部消えた。

ふー。

すいません。結果的に、今年もこの形式で書きます。とりあえず、あけましておめでとう!目標とかは、おいおいまた書きます!あーショック!

*学んだこと:更新ボタンを押すと書いてる途中の文章は全部消える。

頑張ってサファリの写真は貼ります。
DSC_0854.jpg
DSC_0862.jpg
DSC_0001.jpg
DSC_0106.jpg
DSC_0133.jpg
DSC_0141.jpg
DSC_0214.jpg
DSC_0375.jpg
DSC_0550.jpg
DSC_0477.jpg
DSC_0453.jpg
DSC_0585.jpg
DSC_0870.jpg
DSC_0741.jpg
DSC_0622.jpg
DSC_0703.jpg
DSC02342.jpg


2010.12.15_21:30
●Mon、6/12/2010
Housingの契約までやっと終わった!後は・・・リースを貰って水道開設、電気の名義変更、家具の調達・・・。あれっ!?まだ結構あるっ!!ふー。英語分かんないし、仕組みも分からなかったからほとんど先輩隊員にやってもらったのでお礼をせねば。2年後今度は俺がやるのか。できるのか!?祈る。
*目標にする20曲そろそろ決めないと!!

●Tue,7/12/2010
近くのタクシーの運ちゃんが、マツダの日本製を買ってて表記が全部日本語だったから読んであげた。夜、飲み過ぎた。ワインを水のように飲んでしまった。そして滝のように、Vomitした。先輩隊員に、めっちゃ迷惑をかけてしまった。

●Wend,8/12/2010
エイズデーEvent In Gaboroneの日。あいにく、Hung overでめちゃしんどかった。しかし、やったことは資料並べていろいろ見て2,3時間居たらさっさと終了。う~ん。飲み過ぎた罰か。特に、収穫なし。

●Thu,9/12/2010
やることなし。調整員の大光さんたちとタイ料理を食べる。旨かった。

●Fri,10/12/2010
変わらず、やることなし。新居からオクラを救出に行く。
昨日から、のどが痛くなる。痰が絡んであんまり眠れず。眠い。

●Sat,11/12/2010

今日は一日Outside Day!

朝はドミタスと称してみんなで外で朝飯を。手作りパパタ、クレープなど。

その後、ゆっぴー(先輩JV♂)とキャッチボールをして、SVの先輩隊員に迎えに来てもらいハボロネダムに釣りへ。
今年は、雨季なのに雨が少ないので水量がすごく減っていて、まるで草原のようになってました。ここはアルプスか!で、本題の釣りはというと日中から初めてとても暑かったけど割と釣れる!

でっかいナマズやシルバーフィッシュ、小ぶりのブなんとかなどかなり釣りました、

先輩隊員が。

僕は…次こそは!

その後SVの隊員がその魚をさばいて料理してくださって久々の魚料理を食べました。これが、旨いのなんのって旨いんです。臭みも全然なく、最高でした。(ビール付き)ボツワナで魚がこんなにおいしく食べられるなんて思わなかった。

とにかく、釣りにしろ料理にしろ先輩SV隊員のすごさを味わった一日でした。

●Sun,12/12/2010

今日もあまり眠れず、ついでにケニアに行く先輩隊員を早朝に見送る。雨ということもあって、この日は久しぶりにだらだらすごす。withゆっぴーと。ダーラダラ。

●Mon,13/12/2010

特にやることもなかったので、Housingのリースの確認に。すると、その場でパラパラと書いて終わった・・・。連絡するからと言われて待っていたこの一週間はなんだったのか…。

でも、とりあへず終わってよかった。これでやっとUtilityの契約が出来るようになるんです。

そして、この日の夜ちょっと珍しい方々と会いました。
日本からボランティアでボツワナに来てる3人の大学生の方がお話を聞きたいとのことで、調整員の方とお迎えに。まあ、一二難あってやっと合流し、食事をしつつボランティアのことなどについて話しました。しかし、こう見えても私は22歳彼らの一つ上。あまり役に立つほどの情報もなかったと思うので申し訳なかった。正直、こちらの方がもっといろんなこと調べようと触発されました。そして、一二難あってやっと送り届けた後帰宅12時。今日は内容の濃い一日だったと思います。

●Tue,14/12/2010

Waterの開設へ。無事終わる。感動。

コンビにてボツワナ人の雰囲気が穏やかな美人に遭遇。少し話す。ドキドキ。

昼ご飯を調整員の方たちと一緒に。旨い。満足。

ドミにておいしい料理。味噌汁付き。安心。

寝る前に体重計に乗る。想像以上の体脂肪。衝撃。


2010.12.10_23:05
DSC01932.jpg
DSC01939.jpg
DSC01808.jpg
DSC02033.jpg
DSC_0118_20101208165308.jpg
DSC01864.jpg
DSC01853.jpg


2010.12.10_22:56
Sat, 4/Dec/2010
午前中、先輩隊員の職場であるChild lineに行く。子どもがめちゃめちゃかわいかった。でも、毎日となると正直しんどいと思う。でも、元気出ちゃう。ただ、後でその子たちがどんな状況でそこに来たのかを聞くと絶句した。HIV Positiveの子(そういえばボツワナに来て初めてPositiveの子に会った。知らないだけだろうけど)、虐待で来た子(愛情欠乏のような病気に)、親に売られ奉公先の虐待で殺されそうになった所に来た子ども(この子は、すごく行儀がいいし大人を怒らせないような行動を知っていた。いい子だと思ったけどその理由が悲惨で複雑な気持ちになった。顔や頭にたくさんの傷があった。)。でも、日本でも児童福祉関係で働いていた先輩隊員が言ったことが胸に刺さった。「実は、日本のこどもの方が心配。すたれようと思えばどこまでも悪くなれちゃうから」と。俺は何も言えなかった。日本の未来を良くしたいのなら、「落ちこぼれ」という言葉をなくしたいのなら、大人のせいで悲惨な過去を背負った未来を諦めちゃいけない。
 
その時、Microという歌手の歌にYukiyanagi~(雪柳)という歌を聴いて思い出した。その冒頭の歌詞は「頑張らなくてもいいんだよ」ちょっと、努力しなくていいってこと?って思ったけど、よく聴いてたら違うなと分かった。その後、友達にこの歌の元になる詩があることを聞いた。それから、Yukiyanagiをバックにその詩を読むと、何度読んでも胸が熱くなる。とても暖かくて、励ましにあふれる、強い詩だ。子どもたちに届けたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
雪柳は「雪」であり「花」だった。「冬」であり「春」だった。
白という光の中に、春と冬が溶け込んでいた。
まるで、希望と苦悩が渾然一体になっている青春時代のように。
青春は、苦しい。悩みばかりだ。しかし、悩みがあるから、心は育つ。
うんと悩んだ日々こそ、一番不幸だと思った日こそ、あとから振り返ると、
一番かけがえのない日々だったとわかるものだ。

だから苦しみから逃げず、苦しみの真ん中を突っきって行くことだ。
それが森を抜ける近道だからだ。
寂しければ、その寂しさを大事にすることだ。寂しさや悲しさを、遊びなんかで、ごまかすな。
使い捨てるな。耐えて、耐えて、自分を育てる「こやし」にしていけ。
逃げたくなることもある。
でも、雪柳は動かない。雨の日も、寒風の日も、じっと自分の場所で根を張って頑張っている。
頑張り抜いたから、みんなのほうから「きれいだねぇ」と来てくれる。
人間も、魂の根を張ったところが「自分の故郷」になる。
完全燃焼したところが、心が安らぐ「自分の居場所」になる。

感謝できる人は幸せな人だ。

雪柳は太陽への感謝を忘れない。
太陽は、いつも惜しみなく光を注いでくれた。いつも、ありのままの自分を、そのまま受けとめ、
光で包んでくれた。だから今、雪柳は「太陽への恩返し」のように、明るく周囲を照らしている。

人間だって、花と同じように、光がいる。人も、人から大事にされないと、心が枯れてしまう。

だから君が、みんなの太陽になれ。
人間だって、花と同じように、水がいる。

自分で自分を励ましたり、喜ばせたり、心を生き生きさせないと、心は枯れてしまう。
自分で自分を励ませる人は、すてきな人だ。人のつらさも、わかる人だ。
自分で自分を喜ばせる言葉を、強さを、賢さを!
落ち込んだ心を、よいしょと自分で持ち上げて!
自分で自分を好きになれないと、人だって愛せない。

記念撮影を終えて、私は雪柳に近づき、カメラを手にした。

天をさして咲く花もあれば、地を向いて微笑む花もあった。それぞれの個性が集まって、光の束になっていた。
そして雪柳は、すべての力を、ただひとつのことに傾けていた。
天から与えられた自分の生命を生ききること。自分が種子として持っていたすべてを、表現しきること。自分本来の姿へと開花すること。それ以外、何も願わなかった。

ほかの花と自分を比べようなんて夢にも思わなかった。人が自分をどう思うかなんて、どうでもよかった。自分にできるかぎりのことをすること、それしか思わなかった。今、だれもが個性、個性と簡単に言う。「自分らしく生きる」と言う。
でも本当は、それは茨の道である。みんなと同じようにしているほうが楽だからだ。

そう、自分の道を歩み抜いた人は、だれでも英雄だ。「みんなが一等賞」なのだ。宝冠の人なのだ。
だから「自分にできないこと」ばかり数えて落ち込んだり、文句言ってるなんて愚かだ。「自分にも今、できること」が何かある。必ずある。それを、やり抜く人が偉いのだ。その人が最後は勝つ。


雪柳は敏感だった。だれかが通り過ぎただけの風にも揺れる。
あなたも、恥ずかしがり屋なら、そのままでいい。無神経になり、デリカシーをなくすことが「大人になる」ことじゃない。コンクリートみたいに固い花はない。花は、みんな柔らかい。初々しい。傷つきやすい。人の思いに敏感なままの、その心を一生咲かせ続ける人が、本当に「強い」人なのだ。

ただ、自分が「不思議だ」と思う疑問を大事に追求することだ。そのことを考えて、考えて、考え抜くことだ。
そして、いざという時、真理と正義のためなら、自分を犠牲にできる人になれ。そんな人が一人でも増えた分だけ、この世は美しくなる。

世界のどこかに、君にしかできない使命が、君の来る日を待っている。指折り数えて待っている。待たれている君は、あなたは生きなければ! めぐりあう、その日のために!

輝くためには、燃えなければならない。燃えるためには、悩みの薪がなければならない。
青春の悩みは即、光なのだ。

雪柳も、冬の間に積もった冷たい「雪」たちを、枝から染み込ませて今、「花」に変えて噴き出しているのだろうか。
中国では、その名も「噴雪花」という。 ”
                            (『雪柳 光の王冠』より)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*どんな子どもでも、自分の自信をつかみ、悲惨な状況を無くせる力を持ち、正義の信念を持てるような一人の人生を、真剣に見守ることのできる、教育を社会を考え作らなければならない。
夜、先輩隊員の送別会兼音楽会があった。下手なりに演奏とボーカルをさせてもらった。めちゃ緊張した。気持ちよかった。でも、自分だけ楽しんじゃったかもしれない。
*選曲は考えてしよう。


2010.12.07_22:51
久しぶりになってしまってすいません。やりたいことがいっぱいある中で、このブログを続けようかどうか迷っていましたが、とある人のブログを見て続けてみてもいいかなと思い、下手ながらにやってみようと思います!すいません、よろしくお願いします。

それで、コツコツ続けることと文章を考えることがとてもとても苦手な自分なので、日記の文章をそのまま書かせて下さい。意味がつながらなかったり変な表現がたびたび出てきますが、それも含めて僕だと思って読んでいただけたら嬉しいです。それと、これもある方のブログからの参考になったことだけど、日々学んだことなどを見つけていこうと思います。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

11月16日火
5日ぶりの出勤。少し緊張。PCにデータを打ち込み午前中。午後からフィールド(オードナリード)に行く。BTVが取材に来る。僕映らない。セツワナ語何言ってるか分かんない。ただ、レーレプレゼンテーションはうまかったように見えた。

11月17日水、曇り
ロバーツェにいく。I went to Shebeen’s owners meeting. Its only Setswana language while meeting. I didn’t understand. I slept. I was _ by . I decided to sleep early everyday. But, Lere’s presentation was so good.

18/Nov/2010
I don’t have to do something. I helped pa to capture a weekly report. I wrote diary and blog. In addition to download photographs data from digital camera. In the afternoon, I went to Miho’s workplace. There are nice botanical gardens. I wanted to raise some crops. It’s all.
雨上がりの夜に虫が大量発生した。一夜にして大量に死んだ。正直、気持ち悪かった。けど、短い地上での一生なのに少し殺してしまったことに後悔が残る。食べれると聞いて驚いた。

25/Nov/2010
ATM使ったら、カードが帰ってこなくなった。ハリーポッター見た。2話くらいしか見たことないのに、ハイレベルな字幕なしで雰囲気がなんとなくわかった程度。ただ、すごく怖かった。
学んだこと:映画館に食べ物を持ち込めない。映画が35Pでめちゃ安い。
*人間いろんな人がいるが、自分が傷つくことを恐れてたら良い人間関係作れない!担任とけんかする夢を見た。
*ATMは2回ピンコードの承認がされなかったら、一度抜く。
*映画は安い35P

26/Nov/2010
Today I have a stress and irritated. Because I can’t speak and listen well, I have nothing to do. But 落ち込もうがその時間を有効に使おうが今はかわらない。なら、未来が変わることをやったが得。そう思って楽しむ方が得。悟れば楽しいことのはずだ。目先のことにとらわれ過ぎずに今出来ることを後悔のないようにやって楽しもう!

27/30/Nov/2010
何のためを忘れるな「自他共の幸せへの行動=師恩=報恩=平和のため」
一身の安穏を願うならば、今いる社会の安穏のために尽くせ

Sun28/Nov/2010
Otseに鷲を見に行った。遠くてあんまりわからなかった。でも、大人数でいい人達で楽しかった。
*遠いとハゲワシあんまり見えない。
*頑張ってマニュアル使った方が撮りたいものが撮れる。LION parkに行けばプールand 遊園地がある。

Mon,29/Nov/2010
普通に仕事に行った。Capturing の仕事がいつもより多めにあったが、午前中で終わる。しかし、衝撃の事実。FundをもらっていたPSIからの支援が12月からSTOPになることに。Outreach officer は全員クビ。自分がしたいschool programの余地なんか毛頭ない。どうなる!?

Tue,30/Nov/2010
今日は、部屋を引き継がせていただく先輩隊員方の引越しの手伝い。あんまり役に立たず。筋力が衰えている。付けねば。コーヒー飲むとやっぱり熟睡できない。蝙蝠が出てほとんど眠れず。
*ここの蝙蝠は、でか(30cmくらい)茶色い。

Wen,1/Dec/2010
今日は、先輩隊員と共にelectricity, water, orangeに行った。窓口が一つだけでとても待たされた。とにかく遅い!携帯使うなという訳のわからんsecurityがいた。でも、一人じゃなかったので、楽しかった。しかし、疲れた。賭けに負けた。
*朝一に行くべし。もし一人で行ってたらかなりしんどい。Pick’n pay は安くて使える。雨は肌で感じるらしい。

Thu,2/Dec/2010
今日もtransferなどをしに。まず、新居にてinspector。その後、ちょっと歩いて、仕立て屋へ。ちょっと歩いただけで、そこはもうnot Gaborone。そして、飯の後にHousingへ。書類が足りないと言われ、はいまた今度。final electricity, water open, housing がnot yet。夜、大使館主催で天皇誕生日の記念パーティーに、関係者いっぱい。商社などいろんな方と話せた。日●、丸●、三●物産、JTR●まるで就活だった。疲れてたのか結構酔った。走る、筋トレ必要。
*体力が必要。大使館のpartyは正装&立食でしんどかったけど、就活などになる。たぶん。知らんけど。
*北欧の大使などと話せばよかった。失敗。

Fri、3/Dec/2010
3日ぶりに職場へ。金曜はアウトリーチオフィサーの人が来るから、エイズデーイベントには行けずお留守番。Gaboroneは来週から。ボツワナでは、まず2日にパラペでNational event がありその後各地で開催される。National event では大統領やたくさんの著名人が訪れる。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。